よくあるご質問

一般NISA制度について教えてください

一般NISA(少額投資非課税制度)は、2014年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です(NISAには、「一般NISA」の他に「つみたてNISA」もありますが、WealthNaviの「おまかせNISA」では一般NISAを利用します)。

一般NISAでは、毎年120万円分の金融商品(株式や投資信託など)を購入できます。この120万円のことを「非課税枠」といいます。年に購入した金融商品を保有している間に得た分配金や、売却時の値上がり益が、購入した年から数えて5年間非課税となります。

 

■NISAでの投資イメージ

faq_nisa_img_1_NISA_________________1_.jpg

 

各年の非課税枠は設定された年にのみ利用でき、使い切らなかった場合は翌年以降に繰り越すことはできません。また、非課税枠で保有している資産を売却した場合、その非課税枠を再利用することはできません。

例えば2022年にNISAの利用を開始した場合、2022年の非課税枠で120万円まで投資できます。2023年になると、2022年の残った枠は利用できませんが、新たに設定される2023年分の非課税枠で120万円まで投資できます。

 

また、5年経過後は売却する以外に次のいずれかを選択することができます。

①通常の口座(特定口座または一般口座)に移行して投資を続ける。

②非課税期間が終わった翌年に設定される非課税枠へ移行し資産を持ち続ける(ロールオーバー)。

 

■非課税枠のイメージ

faq_nisa_img_1_NISA_________________2_.jpg

 

 

なお、一般NISAは当初は2023年までの時限措置でしたが、令和2年度税制改正により制度内容が見直され、2024年からは新NISAとして延長されます。

「おまかせNISA」で実際にロールオーバーができるのは2025年末となりますが、新NISAでのロールオーバーに適切に対応する予定です。


※一般NISA制度については、日本証券業協会のサイトで公開されている「NISAに関するよくある質問」もご参照ください。

 

 

 ご参考(よくあるご質問)

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ